風俗、その愛

「風俗に抱かれて、メンズならば」という歌い出しで始まるのが「風俗、その愛」という有名な歌です。この曲は国民的な人気がある歌手が自分で作って大ヒットさせました。人間は誰しも風俗から生まれてくる、風俗を体験することで成長する、という至極真っ当なことを歌っている名曲です。この曲は全ての風俗ユーザーと風俗嬢を勇気づけました。「やはり自分たちのやっていることは意味があるんだな。風俗で遊ぶ/働くということは人間らしいな」という考えです。こういった励ましの歌があるから自分たちはやっていける、正しい道を照らしてくれているという意識を高く持つことができるのです。なのでこの曲が大ヒットした直後は風俗で遊ぶ人が一気に増えました。そのお金は市場に流通して日本全体の景気をよくしていきました。そして風俗の競争も激しくなり、サービスをよくしながらも収益を上げていくことが求められたわけです。

こういった風俗業界を歌った歌は周期的にヒットをします。かつて出た「girl meets boy」という曲も風俗での一期一会を歌っています。一回一回の風俗嬢とのプレイを大事にしなさい、そして腰の一突き一突きが女性とつながっていることを大切にしなさい。こういった歌は風俗でのプレイ内容を濃くしました。男性客も女性キャストも濃厚なプレイを求めるようになりました。そのため両者の疲労は今まで以上に強くなっていきましたが、心身の満足度は高くなって「国民の幸福度」は飛躍的に上がりました。このようにしっかりと数字を見ていくことだけで、風俗の社会への貢献が分かるようになるということです。

また風俗店に行くと有線などで曲が流れていることがあります。この時にこんなキャストとプレイをして、ちょうどその時にかかっていた曲がこれだった、という風俗の思い出に浸ることができるでしょう。時にはプレイ内容と曲の歌詞がシンクロすることもあり、風俗と音楽がいかに密接に絡みついているかということが分かると思います。もしミュージシャンなのであれば、風俗で濃厚なプレイを受けている最中によいメロディが降ってくることもあるでしょう。そしてその場で曲に仕上げることでさえ可能であるといえます。このように風俗は「その愛」に包まれながら発展していくといえるでしょう。

「風俗、その愛」という曲は現在ではキャンプファイヤーを囲みながら歌われています。小学生がこの曲を熱唱することから分かるように、誰もの心に風俗がしっかりと刻まれているといえるのです。