スポーツとしての風俗

スポーツをして汗をかいて精神的にも楽しむ、ということと同様の効果を風俗でも得ることができます。むしろ「スポーツはしないが風俗には行く。これで健康を保っている」という男性は世に多くいるので、これは長寿の秘訣ということができるのかもしれません。

20代になってデスクワークばかりをこなしていると運動不足になるそうですが、一切スポーツをしないあなたが運動不足になることはありません。あなたは月に4回ソープに行って汗を流しているからです。あなたが贔屓にしているソープ嬢はスパーリングパートナーと呼ぶことができるでしょう。パートナーと激しく性行為をして充実した時間を過ごすために、あなたは体調管理に気を配っています。よい性行為をするために体調を整えるので、これは仕事とは一切関係がありません。こうしてあなたはソープに行くと決めた日に向かって節制をして一戦交えることになります。あなたが贔屓にしているソープは4軒あり、それぞれに好みのキャストが存在しています。毎月一回彼女らとぐっちゃねをすることで、相手の態度や精神・肉体の状態から自分の体の状況を知るようにしている、ということになります。

ソープで性行為をするまでに、あなたはある程度の距離を歩くことにしています。そうして体をほぐした上で性行為に臨むようにするということです。やはり性行為はスポーツであるともいえますから、いきなり激しく腰を動かすよりも自分の肉体をほぐしたほうがよいパフォーマンスを期待できるということになるわけです。準備運動ができている状況で勝手知ったる相手を性行為のパートナーとして迎える。これはボクシングなどとおなじ感覚であるといっていいでしょう。かなり実践的なスパーリングパートナーとしてソープ嬢をベッドの上に迎えるということになるからです。

あなたとしてもソープ嬢に対していい加減なプレイはできませんから、できるだけ長持ちさせて激しく腰をふる時間を長くするようにします。普段から運動不足であると、翌日に大殿筋や広背筋が筋肉痛になりますが、あなたは週に一度それだけ激しく動いているので、むしろ性行為で筋肉が発展してきているといえます。つまりジムに行く必要がなくソープで体を鍛えることもできる、そして射精までに長い時間をかけることができれば、肺活量的な持続力もつけることができるわけです。このようにあなたはソープを運動不足解消の最良の方法として利用しています。

このような精神の持ち主であるあなたのこと、女性が上に乗るようなことは絶対に許しません。必ず自分が主体となって性行為を進めていきます。そのためもしソープ嬢が上に乗るようなものなら、あなたは普段以上に激しく下から突き上げていきます。そしていつも以上の運動量を消化して心身を健康に保っています。